伊坂幸太郎

伊坂幸太郎 (2022916日)

 ブラッド・ピット主演の映画『ブレットトレイン』が大ヒット上映中です。

 舞台は東京駅から京都駅に向かう新幹線の中で、いつも運の悪い主人公を含む10人の殺し屋が各々の思惑で乗車します。ブリーフケースを盗んで次の品川駅で降りるという簡単な仕事をするだけだったはずの主人公ですが、彼らのちょっとした行動が複雑にからまり、新幹線から降りたいのになかなか下車できないという犯罪コメディです。

No1     

記事種類

タイトル  58歳ブラピがアクションヒーローに 映画 新幹線が舞台のカオスな犯罪コメディー『ブレット・トレイン』で非暴力の殺し屋役に新たな俳優人生の可能性を感じた理由

 

執筆者  デーナ・スティーブンズ

雑誌名  ニューズウィーク日本版

発行日  20220906

ページ  70-71

備 考  外国映画

 

No2     

記事種類

タイトル  映画 ハマるならこの1本 376回 『ブレット・トレイン』 日本の超高速列車内でブラピが凶悪連中を撃退 伊坂幸太郎『マリアビートル』が原作のハリウッド大作

 

執筆者  前田有一

雑誌名  アサヒ芸能

発行日  20220901

ページ  96

備 考  外国映画

ハリウッドで製作された大作ですが、この映画の原作は伊坂幸太郎さんの小説『マリアビートル』です。 

 

 この『マリアビートル』は『グラスホッパー』の続編です。『グラスホッパー』から6年後に執筆した小説ですが、出版したころのインタビューが 『voice201012月号や『クロワッサンPremium2011年1月号にありました。

No3     

記事種類 インタビュー/書評

タイトル  BOOK 著者の話が聞きたくて 伊坂幸太郎『マリアビートル』角川書店 前作の評判にヘコみ、「リベンジ!」の思いで書いた殺し屋小説です

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  クロワッサンPremium

発行日  201101

ページ  148-149

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 

No4     

記事種類 インタビュー/書評

タイトル  この著者に会いたい! 伊坂幸太郎『マリアビートル』角川書店 「善悪の問題しか、最後は書くことがありません」

 

執筆者  伊坂幸太郎/仲俣暁生

雑誌名  Voice

発行日  201012

ページ  106-111

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 記事によると『グラスホッパー』は自身ではとても気に入っていた作品でしたが読者から不評だった。とても悔しかったためリベンジのつもりで執筆したと語っています。 

 

 『ブレットトレイン』は全般を通してクエンティン・タランティーノ監督の映画に似ているように思いましたが、それは原作がタランティーノを意識していたことが大きかったようです。 『野生時代』201011月号では登場する殺し屋「蜜柑」と「檸檬」の会話はタランティーノをかなり意識していたことが記載されています。

No5     

記事種類 インタビュー/グラビア

タイトル  『マリアビートル』刊行記念 伊坂幸太郎の頭の中 ロングインタビュー「驚きに満ちた小説を求めて」

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  野性時代

発行日  201011

ページ  26-35

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 

No6     

記事種類 インタビュー/書評

タイトル  人気者の言葉力 本・マンガ編 紡ぎ手が知る本物の言葉 気の利いた会話が魅力の伊坂ワールド 「小説的なセリフ」へのこだわりとは? 伊坂幸太郎『マリアビートル』ほか

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  日経エンタテインメント

発行日  201011

ページ  50-52

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 記事によると、『アヒルと鴨のコインロッカー』や『ゴールデンスラッバー』を撮った中村義洋監督がタランティーノのことばかり言うので自身も『パルプ・フィクション』に登場するような会話を取り入れてみた。その過程で『機関車トーマス』の話ばかりする登場人物を生み出したということが語られています。 

 

 伊坂さんは文学はもちろん、漫画や音楽や映画もよく鑑賞していて、映画について語っている記事も複数あります。

 『Voice201012月号では実はハリウッド的なバリバリのエンターテインメントよりヨーロッパ映画的なおかしみを感じるものの方が好きだと語っています。

No7     

記事種類 インタビュー

タイトル  伊坂幸太郎 「こんなに映画化されてる作家、俺なら読まねえなあ」って思いましたもん

 

執筆者  伊坂幸太郎/兵庫慎司

雑誌名  SIGHT

発行日  200807

ページ  184-193

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 また『SIGHT20087月号でもハリウッド映画的なものはあまり好きじゃないというコメントとともに自身の作品は多数映画化されているが、それらの映画もそんなに成功しているとは思わない。またこんなに映画化されている作家の小説は自分なら読みたいとは思わない、と自虐的なことも語っています。 

 

 とは言え『ブレットトレイン』はやはりハリウッド的なビッグバジェットだからできた場面も多数ありますし、ハリウッド映画が持つテンポが軽快でワクワクが連続する素晴らしい作品になっているのではないでしょうか。 今後、また伊坂さんの小説がハリウッド映画になるのがとても楽しみです。 

 

 『マリアビートル』に関連する記事、その他です。

No8     

記事種類

タイトル  伊坂幸太郎と『グラスホッパー』進化論 映画『グララスホッパー』紹介、原作シリーズ紹介「殺し屋」たちの世界(『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX-BEE-Crayon』)

 

執筆者  タカザワケンジ/他

雑誌名  小説野性時代

発行日  201511

ページ  244-248

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 

No9     

記事種類 インタビュー/書評

タイトル  人生、最高に面白い本 今、話題の著者にインタビュー 伊坂幸太郎『マリアビートル』角川書店 北へ向かう高速の密室「新幹線」で個性豊かな殺し屋たちが激突する

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  一個人

発行日  201101

ページ  134-135

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 

No10   

記事種類

タイトル  文春図書館 全国のミステリー通、書店員が選ぶ! 国内・海外2010ミステリーベスト10 梓崎優『叫びと祈り』、ジョー・ウォルトン『ファージング』、伊坂幸太郎『マリアビートル』他

 

執筆者 

雑誌名  週刊文春

発行日  20101209

ページ  104-116

備 考  推理小説,ミステリー,ランキング

 

No11   

記事種類 書評

タイトル  むちゃぶり御免! 大胆エンタメ進化論 3回 デジタルの海でも小説は溺れないの巻 電子書籍×伊坂幸太郎『マリアビートル』×舞城王太郎『獣の樹』

 

執筆者  円堂都司昭

雑誌名  メフィスト

発行日  20101206

ページ  408-417

備 考  伊坂幸太郎[作家]円堂都司昭[文芸評論家]連載舞城王太郎[作家]書物,出版,電子出版,電子書籍

 

No12   

記事種類 書評

タイトル  季刊ブックレビュー 「ゲーム的」であるということ 伊坂幸太郎『マリアビートル』角川書店

 

執筆者  宇野常寛

雑誌名  小説トリッパー

発行日  201012

ページ  281-284

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 

No13   

記事種類 インタビュー/書評

タイトル  活字散歩 伊坂幸太郎『マリアビートル』角川書店 新幹線を舞台に「殺し屋」たちが真っ向対決 「根拠もないのに悪意のある評価を押しつける人、いますよね?」

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  女性自身

発行日  20101123

ページ  114-115

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 

No14   

記事種類 インタビュー/グラビア

タイトル  『マリアビートル』刊行記念 伊坂幸太郎の頭の中 ロングインタビュー「驚きに満ちた小説を求めて」

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  野性時代

発行日  201011

ページ  26-35

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 

No15   

記事種類 書評

タイトル  現代ライブラリー 日本一の書評 伊坂幸太郎『マリアビートル』角川書店 北へと疾走する新幹線の車内が殺し屋同士の戦場に伊坂エンタメ絶好調

 

執筆者  佐藤哲也

雑誌名  週刊現代

発行日  20101030

ページ  123

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 

No16   

記事種類 書評

タイトル  文春図書館 今週の必読 伊坂幸太郎『マリアビートル』角川書店 3年ぶりの書き下ろし長編。舞台は東北新幹線!

 

執筆者  貴志祐介

雑誌名  週刊文春

発行日  20101021

ページ  119

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 

No17   

記事種類 対談

タイトル  『マリアビートル』刊行記念対談 伊坂幸太郎×冲方丁 小説にしか出来ないこと 小説というメディアに対する思い、伊坂さんから冲方さんへ・冲方さんから伊坂さんへそれぞれ10の質問、他

 

執筆者  伊坂幸太郎/冲方丁

雑誌名  本の旅人

発行日  201010

ページ  2-13

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴冲方丁[作家]略歴

 

 

 伊坂さんが映画・小説について語っている他の記事です。

No18   

記事種類 インタビュー

タイトル  伊坂幸太郎の20年 20年目の「現在」を知るために 伊坂幸太郎が最近触れた10作 最近読んで面白かった小説5 最近観て面白かった映画5

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  ダ・ヴィンチ

発行日  202008

ページ  44-47

備 考  伊坂幸太郎[作家]趣味

 

No19   

記事種類 インタビュー

タイトル  夢のコラボから生まれた小説集が映画化! 『アイネクライネナハトムジーク』が描く〈出会い〉よりも大切なこと 伊坂幸太郎 映画で気に入っている部分は原作にないところが多かったです

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  ダ・ヴィンチ

発行日  201910

ページ  92-93

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 

No20   

記事種類 座談

タイトル  伊坂幸太郎作品、初の連続ドラマ化 連続ドラマW『バイバイ、ブラックバード』豪華座談会 主演の高良健吾と女性役に挑戦した城田優、監督の森義隆、そして原作者の伊坂幸太郎が語り合った

 

執筆者  伊坂幸太郎/森義隆/高良健吾/城田優

雑誌名  ダ・ヴィンチ

発行日  201803

ページ  92-95

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴高良健吾[俳優]略歴城田優[俳優]略歴森義隆[映画監督]略歴

 

No21   

記事種類 対談

タイトル  BEHIND THE SCREEN 映画『オー!ファーザー』 小説と映画の幸福な関係 伊坂幸太郎×藤井道人 映画化までの8年の道のり

 

執筆者  伊坂幸太郎/藤井道人

雑誌名  Switch

発行日  201406

ページ  86-87

備 考  伊坂幸太郎[作家]藤井道人[映画監督]

 

No22   

記事種類 インタビュー

タイトル  今、語り合いたい全350作 本・マンガ・映画 伊坂幸太郎 小説ができること、小説にしかできないこと 伊坂幸太郎全作品リスト

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  FRaU

発行日  201208

ページ  70-75

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 

No23   

記事種類 座談

タイトル  伊坂幸太郎 SPECIAL TALK 伊坂幸太郎×斉藤和義×中村義洋 小説×音楽×映画 奇跡のような偶然の出会い

 

執筆者  伊坂幸太郎/斉藤和義/中村義洋

雑誌名  文藝別冊

発行日  20101130

ページ  89-104

備 考  伊坂幸太郎[作家]斉藤和義[ミュージシャン]略歴中村義洋[映画監督]略歴

 

No24   

記事種類 インタビュー

タイトル  泣ける映画 あの人が泣いた映画 伊坂幸太郎 感動のツボはスロー音楽、そして信頼。ベストセラー作家が心の中で泣いた映画

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  BRUTUS

発行日  20091201

ページ  44-45

備 考  伊坂幸太郎[作家]趣味、略歴

 

No25   

記事種類 インタビュー

タイトル  伊坂幸太郎 人気・実力No.1作家のすべて! 全作品ブックガイド、ロングインタビュー、映画・コミックナビ、伊坂作品ツアーin仙台

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  活字倶楽部

発行日  200912

ページ  8-29

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 

No26   

記事種類 グラビア/座談

タイトル  伊坂幸太郎×斎藤和義×中村義洋 3人でまた何かやりたいから、仲間意識を持っていてください(笑)。(伊坂) 映画『フィッシュストーリー』

 

執筆者  伊坂幸太郎/斎藤和義/中村義洋

雑誌名  Cut

発行日  200904

ページ  88-91

備 考  伊坂幸太郎[作家]斉藤和義[ミュージシャン]中村義洋[映画監督]

 

No27   

記事種類 対談

タイトル  文学 伊坂幸太郎×斉藤和義 デタラメだけど蘊蓄ある美学 伊坂幸太郎原作『フィッシュストーリー』が映画になった。登場するバンドが奏でる楽曲をプロデュースしたのは斉藤和義

 

執筆者  伊坂幸太郎/斉藤和義

雑誌名  AERA

発行日  20090330

ページ  62-63

備 考  伊坂幸太郎[作家]人脈斉藤和義[ミュージシャン]人脈日本映画

 

No28   

記事種類 インタビュー

タイトル  フロント・インタビュー 伊坂幸太郎 映画化をOKした理由は、金城さんの演じる死神を観たかったから 『Sweet Rain 死神の精度』

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  キネマ旬報

発行日  20080401

ページ  6-8

備 考  伊坂幸太郎[作家]略歴

 

No29   

記事種類 インタビュー

タイトル  クロスメディア総力特集 伊坂幸太郎 ロングインタビュー 「小説だからこそできることを書きたい」 映画、漫画、小説ならではの表現方法と感じることについて

 

執筆者  伊坂幸太郎

雑誌名  小説すばる

発行日  200803

ページ  202-215

備 考  伊坂幸太郎[作家]

 

No30   

記事種類 座談

タイトル  『アヒルと鴨のコインロッカー』 瑛太×伊坂幸太郎×中村義洋 原作読んだ時に、心底ほかの俳優にやらせたくないと思ったんですよ。(瑛太)

 

執筆者  瑛太/伊坂幸太郎/中村義洋

雑誌名  Cut

発行日  200707

ページ  106-109

備 考  伊坂幸太郎[作家]中村義洋[映画監督]永山瑛太、瑛太、EITA[俳優,瑛太から改名]日本映画

 


 

※今回紹介した索引の雑誌記事コピーをご希望の場合は、遠隔地の方でも資料配送サービスで取り寄せることが出来ます。 どうぞご利用下さい。

このページの先頭へ▲

公益財団法人 大宅壮一文庫

〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3丁目10番20号
TEL:03-3303-2000